ass="mb1 px3">婚活サイトで恋人になれる女性の見分け方

恋人が欲しい! そんなモチベーションで婚活サイトを使うのもアリ。しかし、恋人探しはやや高難易度。セフレ探しの女性や真剣に婚活している女性を避け、うまく見分けて、効率的にアプローチしましょう。

「セフレは簡単にゲットできるけれど、なかなか恋人を見つけることができない…」

婚活サイトを利用している若い男性からは、そんな悩みの声も多く挙がっています。確かにセフレ作りと違い、恋人作りはやや難易度が高め。「婚活に必死でもなく、セフレを欲している様子でもない」という女性を、ピンポイントで探さなくてはなりません。 うまく恋人候補を見分けるためには、サイトにアップされたマイページの内容を入念に見ていくしかありません。労を惜しまず、以下のようなポイントをチェックしましょう。

若い女性をターゲットに!

女性がキレイでいられる時間は、長くありません。25歳を過ぎると、そろそろ結婚を焦り始める頃です。よって、これ以上の女性はまず恋人候補から外します。18歳(サイトによっては21歳以上からしか登録できない場合もあり)から25歳未満の女性を、まずターゲットにしましょう。「恋愛はしたいけど、結婚はまだちょっと…」と二の足を踏みながらも、伴侶候補の恋人を探して婚活サイトを利用している年代こそが、狙い目です。

書き込みがそこまで切実ではない

恋人を探している女性は、何を求めているのかわからない、ふわふわとした内容をマイページに書き込みます。共通する特徴も少ないので、消去法で考えてみましょう。

まず、真剣に婚活を進めている女性が書く文章には、「焦り」がにじんでいます。「いい出会いがなくて…」というような遠まわしな内容ではなく、「私は○○な性格で○○が長所で…」と、自分のセールスポイントを並べ立てているもの。こういう女性は、まず避けます。

セフレを探している女性は、とにかく内容が軽薄です。他愛もないジョークが多く、特に男性を求めているそぶりも見せません。

つまり「カチカチ」系と「ヘラヘラ」系の、ちょうど中間に位置する、散漫な内容を日記のようにつづっている女性。彼女たちが恋人として狙えるターゲットです。

まるで仲間内のSNSのように、書き込みから特定の誰かへの「訴求」が感じられない25歳未満の女性を探して、アプローチしてみましょう。時間をかけて入念に見分けることが、ハズレを減らし、結果として恋人作りを効率化します。