結婚後、豹変する女性に要注意

婚活が見事みのり、結婚へ。とてもすばらしいことですが、あれだけ苦労して手に入れた結婚生活に早くも疲れてしまう男性が意外と多いそうです。結婚を焦るあまり、女性の欠点に目をつぶってしまったり、嫌われたくないがために話し合いの機会を設けなかったりすると、後々後悔することになるかもしれません。

壊滅的に家事がヘタだった!

若い女性を妻として迎えた男性の悩みに多いのが、家事が壊滅的にヘタだったというもの。料理や掃除、洗濯にいたるまでとにかくヘタで、結局仕事から帰宅した夫が一緒にやらなければならないハメに。仕事から帰ると温かい食事にお風呂に、と暖かな家庭を求めていた男性にとっては大打撃ですね。共働きなら家事の分担、ということである程度溜飲が下がるのでしょうが、専業主婦希望の女性に限って多いのだとか。

それでも愛する妻だから、と手取り足取り教えてあげられるだけの忍耐があればそのまま頑張ってみましょう。想像するだけでもぐったりしてしまう、という男性はやはりそうした女性は避けるべき。しかし避けるとはいっても、どこで見分ければいいのでしょうか?

料理が最低限できるかどうかの見分け方は割と簡単で、目の前で作ってもらえばいいだけです。ただお弁当など、できあがったものを持ってくる場合は少々注意を。なかには料理上手、家庭的であることをアピールするためにデパ地下の惣菜を詰め替えてくる強者もいます。そして掃除や洗濯に関しては、ひとり暮らしなら部屋を訪問するのが手っ取り早いですね。実家住まいの場合は残念ながら見分ける方法はない、と考えましょう。ただこうした家事ができるかどうかは、最低限できていればOK。ひとり暮らしで最低限でいてるなら、経験を積むごとにおそらく上達していくはず。実際上達するかどうかは、夫婦仲のよさも関係しますのでぜひ良好な関係を維持できるよう頑張ってください。

もちろん家事ができるからといって全てを妻にまかせっきりにせず、積極的に手伝う姿勢も大事。将来子どもがうまれたときのためにも、男性もある程度家事をマスターしておきましょう。欠点はお互いの努力でカバーするようにしていけば、きっといつまでも円満な家庭を築けます。

結婚したら妻が豹変!?

家事ができない妻より、言い方は汚いですがタチが悪いのが結婚後豹変する女性。結婚前は子どもも欲しい、出産後も共働きでがんばる、と男性にとって理想の女性を演じておきながら、結婚した途端に正反対になってしまうパターンです。子どもはいらない、仕事もしないし家事もしない。そして毎日ランチにブランドもの、とひたすら浪費を繰り返すケースが非常に多いのだとか。

そんな女性がいるのか!?と思うかもしれませんが婚活女性のなかには少なからず存在し、実際に結婚して後悔している男性がいるのも事実。こうした女性は人によって態度をコロコロ変えるのが大きな特徴です。付き合っていくなかで両親など、近しい人には少々キツイ態度をとっている場合は警戒した方が無難。思わぬ裏の顔を持っているかもしれません。

婚活で、安定した生活を手に入れたいと強く望む女性であればあるほど、結婚生活にマイナスになるようなことをひた隠しにするものです。とくに男性が非常に魅力的な場合、少々無理をしてでも結婚にこぎつけようとします。男性も理想の結婚生活を夢見ているなら焦らず、じっくり女性を見極めましょう。