真剣な出会いが多いのはどんなサイト?

婚活サイトを利用している人たちがまず望むものは、自分の理想とする異性と出会うこと。そのために念入りなプロフィールを作成したり会費を払ったりしているのですが、サイトによってはなかなか結果が出ないことも。もちろん相手があってこその婚活ですので仕方のない部分はありますが、運営側の思惑なのでは?と疑いたくなるほど結果が出ないときもあるようです。そんなサイトに引っかからないようにするには、どこに気を付ければいいのでしょう?

メディア露出の多いサイトを狙え

健全な運営を心がけているサイトの判断材料として、メディアの露出の多さを見てみるのがおすすめ。とくにもっとも公衆性が高いテレビに多く取り上げられている、CMを打ち出しているサイトは比較的信用できると思っても間違いないでしょう。

メディアに露出が多いと、それだけ知名度はあがりますが実態がひどい場合は同時に悪評も広まることとなります。逆に健全な運営を行い、確かな実績があれば悪評はあまり聞こえてこないはず。テレビなどに露出し、多くの人が目にするということはどれだけまじめな運営を行っているかどうかが試される場でもあるのです。それにテレビCMを打ち出せるような費用にある程度余裕を持っている、ということも必要以上に会員から会費を搾り取ろうとするほど運営にひっ迫していない会社であると考えられるでしょう。また運営会社の母体が上場しているような、最大手であるという場合も割合信頼できるようですね。

そしてこうした露出の多いサイトは、やはり出会い系サイトとは一線を画すシステムをとっている、ということも信頼できる大きな理由のひとつ。身分証明書の提出の義務化や入会審査を厳しくしている、顔写真の掲載を推奨など普通の出会い系サイトではほぼありえないシステムばかりですよね。気軽に誰とでも出会えるのが出会い系サイトなら、ネット上でも基本的な相手の情報がわかるのが婚活サイト。ここがきちんと差別化されているサイトであれば、比較的安心できるはずです。

SNS連携機能付きのサイトが便利

多くの婚活サイトがここ数年で急激に取り入れているサービスのひとつが、フェイスブックやツイッターなどのSNSとの連携です。アカウントを共有し、婚活サイト内だけではわからない、より詳しい人柄を知ることができるということもあり、会員からもかなり好評のよう。またフェイスブックの場合は基本的に本名での登録を義務化していますし、ウソの情報を登録していればツイッターなどでどうしてもボロが出やすくなるため冷やかし対策としても有効的なようですね。

とはいってもリアルをさらけ出すことの多いフェイスブックに連携してしまうと、自分が婚活しているのがバレそうで怖いという人も多いはず。その辺りは運営の対応の抜かりなさで判断するのがおすすめ。サイトによっては普段の投稿や友人にはサイトを利用していることがわからないようにしたり、サイト内では名前をイニシャルで表示し、フェイスブックから個人を特定されるのを防ぐ対策をしているところもあります。やはりいくら真剣な出会いを、とはいっても不特定多数の人にSNSのアカウントと婚活サイトのプロフが流出してしまうのは怖いもの。連携をしつつも個人が特定されない、友達バレしないような対策をしているサイトを選ぶようにしましょう。こうした対策をとっていないサイトで気軽に連携してしまうと、最悪は友人にまで被害が及ぶ可能性もあります。利用する前に連携について、きちんと確認しておくことがおすすめです。

少し前まではネットで出会った、というと「不純」「いかがわしい」などというマイナスなイメージばかりでした。ですが最近はSNSの普及や婚活ブームによって、少しずつですがネットでの出会いが見直され始めています。婚活サイトの運営会社もイメージのクリーン化に熱心で、テレビCMを打ち出したり、出会い系サイトとの差別化をはかるなど様々な努力をしています。今さらネットの出会いなんて、と思わずにぜひ一度登録してみてはいかがでしょうか。