必要以上の自分語りはNG

女性に限らず、結婚を焦っている人にとって、時間は1分でも1秒でも惜しいもの。そのためとにかく自分を知ってもらおう、より早く返信をもらおうと押せ押せになりすぎてしまうことが多いよう。ですが相手あってこその婚活。アピールのし過ぎは失敗のもとです。


積極的すぎて、女性はドン引き!?

ある男性会員の経験談のなかに、結果を焦るあまり、女性にフラれるどころか嫌われてしまったという話がありました。とにかく早く返信が欲しい、自分をより知ってもらいたいと焦る気持ちから毎回メッセージは即返信し超長文。そのうえとにかく自分語り。さらに女性へ返信をせかすメッセージまで送ってしまったというもの。ここまでされてしまうと、さすがに婚活中の女性でもドン引きです。二度と関わってほしくないというようなメッセージを最後に、一切音信不通になってしまったそう。


この失敗を機に、男性は次の女性とはやり取りをする際、とにかく相手の女性本意になるよう努めたそうです。とにかく結果を焦らないよう、自分に何度もいいきかせたのだとか。すると不思議なことにあれだけ会うまでに苦労していたのが嘘のようにとんとん拍子に事が運び、交際するにまで発展できたそう。きちんと自分の悪い部分を反省し、よい結果に結びつけられたとてもいいケースですね。


意外と多い、積極的すぎる男性

先ほど紹介したような積極的すぎる男性。婚活サイト内では実は意外と多いそうです。婚活というとイメージ的に女性が積極的なような印象を受けますが、焦っているのは男性も同じ。そのためとにかく女性と親密な関係になろうと必死になり過ぎてしまう男性が後を絶たないようです。


ですが必要以上の自分語りやおそろしいまでの返信スピードは、相手の女性にとって負担以上の何物でもありません。もちろんそういった迅速なレスポンスを求めている女性もいますが、多くの女性はじっくりと男性との交流を深めたいと思っている傾向が強いです。しかもネット上という顔が分からない相手と交流するわけですから、やはり多少は警戒心もあるでしょう。その状態でガツガツこられてしまうと、やはり引いてしまいます。


とくにデートのお誘いに関しては慎重になる女性が非常に多いです。一度断られたからといって可能性がゼロになるわけではありませんが、しばらくは再度誘うのは控えておくのが無難。ちょっと間をあけすぎたかな?というぐらい冷却期間をおいても遅すぎることはありません。それまで定期的に女性とのやり取りが続いている状態ならば、決して相手も悪い印象を持っているわけではないはず。タイミングさえあえばデートしてもいい、と思ってくれているはずですので、じっくり焦らずタイミングを見計らうようにしましょう。もしかしたら運よく女性の方からお誘いがあるかもしれませんので、焦らないことが大事です。


婚活サイト内で大事なのは誠実さと紳士的な態度。メッセージだけのやり取りでも女性を大切に扱えるよう、心がけましょう。そしてメッセージのやり取りのなかで、女性がどんなタイプなのかも判断できればベスト。マメに連絡を取り合いたい派なのか、それとも週末などにじっくり交流したい派なのか。それにあわせて対応できればより女性ウケもよくなるはずです。真剣に出会いを求めているからこそついつい周囲が見えなくなってしまうのも十分理解できますが、そこは大人として紳士的でなければなりませんよ。