セフレを見つけたいなら年上女性を狙え!

婚活サイトは結婚相談所ではありません。結婚相談所は「結婚」を目的とした人が集まる場所ですが、婚活サイトの利用は結婚以外の目的も多く見受けられます(以下参照)。


■真剣に結婚を考えている人
■「良い人に出会えば…」という程度で結婚を考えている人
■恋人を探している人
■サイト内でのコミュニケーションを楽しむだけの人
■友達探しをしている人
■セフレを探している人
■お金を使わせようとする人(サクラ)


など、様々な目的を持った人が集まってきます。その中でも、特に利用料の安いサイト、あるいは無料のサイトには「セフレを探している人」と「サクラ」が多く見受けられます。セフレを探している人の大半は男性ですが、女性も確実にいます。しかし大量のサクラをかいくぐり、セフレ希望の女性を探すのは簡単な作業ではありません。

サクラの見抜き方を覚える

婚活サイトでセフレを見つけるには、まずサクラの見抜き方を覚えなくてはいけません。「やたら課金サービスに誘導してくる」などは要注意ですし、サクラを完全に見抜くことは不可能かもしれません。


しかし2つのアカウントを作って、1つは「無課金を貫く姿勢」、もう片方は「気に入ったら課金しても良い」という姿勢を同じ相手に見せれば、サクラかどうかの判断はある程度できます。実際、そうやってサクラを見抜いている男性も多いので、ぜひ実践したいテクニックと言えるでしょう。

年上の女性を狙え!

「自分より年上の男性」に対して、女性は少し身構える傾向にあります。一方で年下の男性となれば、若干ですがガードが緩くなるのも女性の特徴です。それに、「年下の男性と付き合う」ということに対して、どこか特別な感情を抱くのも女性ならではと言えるでしょう。


そのような心理を考慮すれば、セフレを探したいなら年上の女性がベストです。若い女性が好きな男性も多いでしょうが、「大量のサクラをかいくぐって、セフレOKの女性を見つける」のは本当に大変な作業です。つまり、せっかく見つかった宝物を目の前に、選り好みをするのは良くないということです。


しかし、セフレを見つけても相手が年上だからと甘えるのは止めておきましょう。特に金銭面です。女性はセックスだけの関係に、あまりお金を払いたくない傾向があります。したがって「年上だから出してくれるかな…」という淡い期待を持つのは良くないでしょう。デート費用はすべて自分が出す覚悟で臨んでください。

「サクラを見抜き、年上を狙う」というのは、じつは婚活サイト上級者の間では常識とも言える方法です。しかし実践するに難しく、最初は慎重に行った方が良いと思います。


また相手が本当にセフレOKかどうか分かりませんので、嫌がるようなら絶対に無理をしてはいけません。ちゃんとマナーを守って、婚活サイトを利用することが大切です。