サクラの見抜き方とは?

婚活サイトで女性の友人、伴侶、パートナー、セフレを見つけたい男性は多いですが、そのような需要を見越しているのが悪徳業者です。中には詐欺まがいのサイトも存在しており、私たちも利用には注意しなければいけません。

しかし、最も厄介なのがサクラの存在ではないでしょうか?相手がサクラだと見抜けないと、下手をすればお金だけが取られることになります。

そこで、あくまでも目安ではありますが、登録している女性になりすましたサクラの見抜き方を紹介していきます。

有料のサービス利用を促してくる

サクラの典型的なパターンです。特に登録料や月会費が無料になっているサイトで多く見られます。そのようなサイトは、利用者が有料サービスを利用しなければ売り上げになりません。したがってサクラは、徹底して有料サービスの利用を促してきます。

典型例としては、以下の2つがあります。

■「もっとお話ししたい」と、連絡を促す
■「ここに私のプロフがあるよ」と、利用者を有料サービスがある場所に誘導する

このようなセリフを言って来たら、その子との交流は控えた方が良いかもしれません。

「お金かかっちゃうけど良いかな…?」と、こちらの意思を確認してくる

こちらは上記より一段上のサクラです。有料サービスの利用を促しつつも、「お金かかっちゃうね。ゴメンね」や「お金かかっちゃうけど、構わないかな…?」と、こちらの意思を確認してきます。そして「構わないよ」と言った時が分かれ道です。

「わ~い!嬉しい!」

などと、不自然に大喜びすればサクラの可能性大です。普通に考えれば分かることでしょう。相手がサクラでなかった場合、普通は「ゴメンね…」と恐縮するはずです。それなのに、ご飯を奢ってもらったキャバ嬢のような喜び方をしているようでは、「こいつは怪しいな…」と疑うべきです。

複数のアカウントで反応を見る

無料サイトの場合、登録するだけなら基本的に無料です。したがってアカウントを2つ作成してみましょう。そして相手の反応を見るのですが、「どんな男性が好き?」などの質問をしてもダメです。答えが同じでもサクラである証拠とは言えないためです。

ここでは、片方のアカウントは「無課金」を装い、もう片方では「気に入ったら課金する」という姿勢を見せます。無課金のアカウントでは「ゴメン。こういうのにお金を払うのは嫌なんだ。というか、お金ないし♪」とでも言っておきましょう。もう片方では「前に知り合った女の子の時は何万も課金したけど、結局ダメだったなぁ~」と伝えます。

そして相手が「気に入ったら課金する」のアカウントに不自然なまでに積極的になり、無課金の方では「無視」などの態度に出れば問題です。サクラの可能性を疑いましょう。実際、無料の婚活サイトではこの方法でサクラを回避される男性も多いと言えます。

サクラを完全に見抜くのは難しいですが、上記を知っていれば一定の割合で回避できるでしょう。もちろん「お金を払うな!」とは言いません。相手がサクラでなく、こっちも払う意志があるなら構わないと思います。しかしサクラの意のままになるのは悔しいので、ここで紹介した方法でぜひ回避してください!