女性の目に留まりやすく好印象を与えるプロフィール

婚活で重要なことは自分のことをしっかりと理解してもらうことです。そういう意味では、婚活サイトのプロフィールというのはとても重要なポイントになります。パーティーや合コンと違ってサイトというのは会話から入るものではありません。検索によって引っかかったあなたのプロフィールが最初の印象となってきます。文字でしっかりと自分を表現することができなければ婚活サイトではうまくいかないのです。プロフィールで女性に興味を持たせるために、ちょっとしたコツを学んでいきましょう。

条件検索に引っかかりやすくする

まず一番意識しておきたいのが、サイト内での検索に引っかかりやすくするということです。 婚活サイトを利用する人のほとんどは、条件検索をして男性をリストアップしていっています。年収や職業、趣味や性格など「理想の男性」を探すために容赦なく絞り込んでいるのです。ということは、検索にひっかかりにくい人は女性の目に留まる機会が少ないということになります。人気の男性とそうでない人に分かれてしまうのはプロフィールに書かれた条件がポイントとなっているわけです。
嘘を書く必要はありませんが、多少は情報を盛ってしまうというのも悪くありません。たとえば年収が400万円ならば少し盛って450とか500とか書いておきましょう。これくらいならば女性はそれほど気にしませんし、たとえバレてしまっても「書いたときはそうだったんだ」くらい言っておけば良いでしょう。とにかくまずは、検索されて女性の目に留まることが大切になのです。

興味を惹くために明るい雰囲気を出そう

自分のことをたくさん知ってもらいたい、その気持ちはわかりますがあまりプロフィールにごちゃごちゃ書きすぎるのは良くありません。正直言ってあまり細かく長文で書いている人というのは婚活サイトではモテないでしょう。

逆にモテる人のプロフィールというのは簡潔で伝えたいことがわかりやすく、明るくポジティブな雰囲気があります。見ている女性が楽しくなって「この人と会ってみたいな」という気持ちになれるのです。 明るく書くのって難しそうと思うかもしれませんが、あまり深く悩まなくても大丈夫です。ネガティブな言葉を排除していけば自然と雰囲気は良くなります。また文章が長くなりやすい人は、箇条書きにしてみるなど工夫をしてみてください。それだけでかなり見やすく明るいプロフィールになりますよ!

プロフィールにあまり書かない方が良いこととは?

ついつい書いてしまうのですが、結婚に求める理想や条件というのはあまり書かない方が良いでしょう。というのも、あまりに厳しい条件ばかりが羅列されているプロフィールというのは、見ている側にとってはネガティブな印象を与えてしまうのです。事細かに条件が書かれていると「ワガママなのかな」「面倒くさそう」と女性に思われてしまうことでしょう。結婚観を書くことも大切ですが、厳しい条件を書くようなことは避けましょう。