ロスカットで有意義に使おう

すべての婚活サイトで、素敵な異性との交流が得られるわけではありません。中にはヒット率が低いサイトももちろん混じっています。玉石混交の世界ですので、利用料金を余計に嵩ませないためにも、ロスカット(損切り)をするのも大事。複数の婚活サイトを使ってパートナー探しを進めている方…ムダに料金を払い続けているサイトはありませんか?

2か月に1回のチャンス…切り捨て

女性と親密になれるのが隔月に1回…そんな打率の低いサイトは、もう切り捨ててしまいましょう。実際に女性と交流できるからには運営はクリーンなのでしょうが、そのサイトに払い続ける料金、もっと別のサイトに使う方が建設的です。

たとえば打率の低いサイトに1か月6000円近い料金がかかっているなら、そのお金を節約して、別のサイトが主催するパーティーに出る方がベター。パーティーは自分磨きのチャンスでもありますし、トークスキルを上げるにも最適の場所です。
貧弱なサイトは切り捨てて、別の投資法を考えてみましょう。パーティーに出席するだけでなく、たとえば服を買ったりメンズエステに行ったりするのも、立派な自己投資です。

サクラっぽい女性が多い…これも切る

悪質な婚活サイトには、その他のコミュニティーサイトによくいる「サクラ」も混じっていることがあります。そこまで露骨に誘いかけて来ることはありませんが、メールや電話だけの関係を長続きさせ、ちっとも会ってくれるそぶりがない女性は、サクラと疑った方がいいでしょう。
この手の輩が多いサイトも、さっさと切り捨ててください。ポイント(お金)と時間を搾り取られるだけです。その料金は別のサイトの開拓に回して、建設的に利用しましょう。

数を絞って濃密に利用

一時期に利用する婚活サイトは、3つまでにしておきましょう。数を増やせば増やすほどコミュニケーションの質も薄くなりますし、また、メッセージに対するレスポンスも遅くなってしまいます。よほど時間に余裕がある人でない限り、それ以上のサイトを併用することは困難です。
打率の悪いサイト、サクラの多いサイトは切り捨てて、良質なサイトを選別して使いましょう。特に初心者の方には、最初は1サイトをじっくりと使うことをおすすめします。